Top > 視力回復手術の種類

視力回復手術の種類

視力回復手術を希望する人は最初に適応検査を行い、そこで自分あった手術方法が医師によって説明されます。視力回復手術はレーシックの事と言われていますが、レーシックにもいろいろな種類があり、受ける患者によって一番良い方法が選ばれるのです。

レーシックはマイクロケラトームを使用して行われる視力回復方法で、同じ治療法でも高性能のイントラレーザーを使用し治療をする方法を、イントラレーシックと呼びます。いまではレーシックよりイントラレーシックを受ける人の方が多くなり、一般的になってきています。

スポーツ選手や角膜の薄い人が受ける事の出来る視力回復手術は、エピレーシックやPRKと呼ばれる方法になっています。個人の角膜に合わせて治療が行われるウェーブフロントレーシックと呼ばれる視力回復手術は、矯正不可能な不正乱視の人でも治療ができるようになりました。手術内容や費用は変わってきますが、医師が勧めた視力回復手術が一番合っている治療法になっています。

レーシックが日本で行われるようになった頃は不適応者として、視力回復手術が受けられなかった人でも、技術の進化によって現在では可能になったケースも多くあります。これから先も、レーシックの技術は進み、視力回復を望む全ての人が適応者となる日が来るでしょう。

 

 電動マスカラ  音波式歯ブラシ  電気カイロ
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
視力回復手術の種類(2009年9月16日)
視力回復手術の病院を決める(2009年9月16日)
視力回復手術の流れ(2009年9月16日)
視力回復手術を行うに当たっての注意点(2009年9月16日)