Top > 視力回復手術の流れ

視力回復手術の流れ


あきらめていませんか?朝晩10分覗いて視力の回復トレーニング!★【送料無料・プレゼント付♪...

 

レーシックでの視力回復手術は点眼薬で麻酔を行うことから始まります。この麻酔によって視力回復手術中の痛みを感じることなく受けることが出来るので、リラックスして受けることが大切です。

手術台へ移動して視力回復手術が始まりますが、医師の指示に従い赤く点滅している光を見ます。視力回復手術中はこの赤い点をずっと見ている事になり、治療中はぼやけて見えたりする事もあります。

眼の部分だけか空いているシートがかぶせられ、開瞼器という機器で眼を大きく開きます。洗浄などで眼に液が何回かかけられますが、麻酔をしているため痛みや刺激を感じることはありません。フラップ作成時には眼を強く押される感覚になり、視界が暗くなってきますが、治療が終わると元に戻ります。一瞬でも視界が暗くなることで不安になる人もいますが、視力回復手術での手順なので心配はありません。

続いてレーザー治療によって視力矯正を行いますが、数十秒で終了する治療になっています。この治療後にフラップを元に戻し、視力回復手術は終了です。

麻酔をしているので痛みは感じませんが、眼の周りを抑えられているので、圧迫感を感じたりする場合はあります。全て行っても15分から20分程度で終了する視力回復方法になっています。

 

 スキニー  おかあさんといっしょ  西松屋
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
視力回復手術の種類(2009年9月16日)
視力回復手術の病院を決める(2009年9月16日)
視力回復手術の流れ(2009年9月16日)
視力回復手術を行うに当たっての注意点(2009年9月16日)