-視力回復

2009年9月アーカイブ

視力回復手術を希望する人は最初に適応検査を行い、そこで自分あった手術方法が医師によって説明されます。視力回復手術はレーシックの事と言われていますが、レーシックにもいろいろな種類があり、受ける患者によって一番良い方法が選ばれるのです。

レーシックはマイクロケラトームを使用して行われる視力回復方法で、同じ治療法でも高性能のイントラレーザーを使用し治療をする方法を、イントラレーシックと呼びます。いまではレーシックよりイントラレーシックを受ける人の方が多くなり、一般的になってきています。

スポーツ選手や角膜の薄い人が受ける事の出来る視力回復手術は、エピレーシックやPRKと呼ばれる方法になっています。個人の角膜に合わせて治療が行われるウェーブフロントレーシックと呼ばれる視力回復手術は、矯正不可能な不正乱視の人でも治療ができるようになりました。手術内容や費用は変わってきますが、医師が勧めた視力回復手術が一番合っている治療法になっています。

レーシックが日本で行われるようになった頃は不適応者として、視力回復手術が受けられなかった人でも、技術の進化によって現在では可能になったケースも多くあります。これから先も、レーシックの技術は進み、視力回復を望む全ての人が適応者となる日が来るでしょう。

 

 電動マスカラ  音波式歯ブラシ  電気カイロ

ビルベリー・クロマニン・アスタキサンチンなど有効成分を配合した、気軽に始められるアイケア...

 

視力回復としてレーシックの手術を受ける場合、まずは病院探しが重要になります。以前はレーシックでの視力回復手術を行う病院は少なく、遠方から通うといった事も多かったのですが、最近は日本全国で多くの病院が手術を行うようになりました。

レーシックでの視力回復手術を行う病院を選ぶときに大切なことは、費用でも近さでもなく、信頼できるかどうかという事です。インターネットなどでレーシックを行っている病院を探し、自分が通える範囲の病院へ問い合わせや、資料請求をする事から行うのが良いでしょう。

レーシックの手術は日帰りで行えるので、多少遠くても不便はありません。翌日や一週間後、1ヶ月後など検診に行くことも忘れずに、出来るだけ通いやすい病院を選ぶ方が良く、自宅から遠く通うのは不便だが、視力回復を行っている有名な病院でどうしてもレーシックを行いたいと言う人は、通うことも考えて決定しましょう。病院によっては交通費の支給があったり、提携ホテルに安く宿泊が出来ると言った事もあります。

視力回復手術の実績が多く、体験者の口コミなどでも良いと評判の病院を選ぶのは良いのですが、自分が病院を訪れ、医師と話した結果で、安心して手術を任せられる病院に決めるようにしましょう。

 

 ルクルーゼ  キッザニア  カウネット

あきらめていませんか?朝晩10分覗いて視力の回復トレーニング!★【送料無料・プレゼント付♪...

 

レーシックでの視力回復手術は点眼薬で麻酔を行うことから始まります。この麻酔によって視力回復手術中の痛みを感じることなく受けることが出来るので、リラックスして受けることが大切です。

手術台へ移動して視力回復手術が始まりますが、医師の指示に従い赤く点滅している光を見ます。視力回復手術中はこの赤い点をずっと見ている事になり、治療中はぼやけて見えたりする事もあります。

眼の部分だけか空いているシートがかぶせられ、開瞼器という機器で眼を大きく開きます。洗浄などで眼に液が何回かかけられますが、麻酔をしているため痛みや刺激を感じることはありません。フラップ作成時には眼を強く押される感覚になり、視界が暗くなってきますが、治療が終わると元に戻ります。一瞬でも視界が暗くなることで不安になる人もいますが、視力回復手術での手順なので心配はありません。

続いてレーザー治療によって視力矯正を行いますが、数十秒で終了する治療になっています。この治療後にフラップを元に戻し、視力回復手術は終了です。

麻酔をしているので痛みは感じませんが、眼の周りを抑えられているので、圧迫感を感じたりする場合はあります。全て行っても15分から20分程度で終了する視力回復方法になっています。

 

 スキニー  おかあさんといっしょ  西松屋

(^3^)視力回復トレーニング、アイパワー【本日限定3つの無料!さらに豪華プレゼント!】【最短...

 

視力回復手術当日の注意点と手術を迎えるまでの注意点として、いくつか気をつけることがあるので守るようにしましょう。

普段コンタクトレンズでの視力矯正を行っている人は、医師の指示通りの使用制限を必ず守る必要があります。普段の生活で不便だからと、医師の指示を守らず使用していた場合、レーシックなどの視力回復手術を受けられなくなる事もあります。手術当日まで行う抗菌点眼薬も必ず指示通りに行い、感染症の予防をしっかり行いましょう。

女性の場合、当日の化粧は避けるようにして、角膜に傷が付く可能性のあるアイメイクは視力回復手術の2日前からは控えるようにします。また、アレルギーが起こらないよう、手術前後は化粧品を変えるのを止めておきましょう。

視力回復手術後は視力が安定せず、見え方も人それぞれ違うので運転は控え、できれば付き添いの人と一緒に来院するのが良いです。また視力回復手術後は、眼にゴミなどを入るのを防ぐ必要があるため、着ていく洋服にも注意が必要です。病院で服を脱ぐとはありませんが、視力回復手術後に自宅へ戻り、着替える際に眼に毛糸や繊維が入る可能性のある服は避けた方が良いでしょう。
少しの注意で、視力回復手術後の感染症や後遺症を予防出来る為、必ず医師の指示通りに行う必要があります。

 

 ワーナーマイカル  オルビス  ユーキャン
カテゴリー
更新履歴
視力回復手術の種類(2009年9月16日)
視力回復手術の病院を決める(2009年9月16日)
視力回復手術の流れ(2009年9月16日)
視力回復手術を行うに当たっての注意点(2009年9月16日)
カテゴリー
更新履歴
視力回復手術の種類(2009年9月16日)
視力回復手術の病院を決める(2009年9月16日)
視力回復手術の流れ(2009年9月16日)
視力回復手術を行うに当たっての注意点(2009年9月16日)